重要なコンセント

リフォームを行う際には、屋外でコンセントを使用することを考えて屋外コンセントを設置するようにしましょう。また屋外コンセントを設置することで、外壁掃除に便利な高圧洗浄機などを使用することができます。

ドラムは防音工事をして住宅内部でも楽しんでみませんか?専門の技術士による確かな防音対策で、快適な練習をしましょう。

この記事の続きを読む

さまざまなリフォーム

住み慣れた土地でありながら全く新しい居住空間を楽しめるとして、リフォームは今非常に人気を集めています。またリフォームが流行するようになったのは、バリアフリーが広まったからだと言われています。

この記事の続きを読む

空き家の増加

以前までは廃墟のような空き家が多かったですが、近年では人が住める築浅の物件でも空き家が増えてきています。また空き家にも入居者が入るようにと、リフォームを行う場所が今増えてきています。

この記事の続きを読む

日本の伝統的な畳

愛車と一緒に家で暮らしましょう!ビルトインガレージの工事をしたいとご検討中の方は、こちらをご覧になって下さい!

畳は、多くの場合はイグサという植物で作られています。パルプで作られているものもありますが、パルプもやはり植物性のものです。そのため、植物が呼吸をするように、畳もまた呼吸をするのです。 正確には、湿気を吸ったり吐き出したりします。室内の湿気が多い時には吸い、乾燥している時には吐き出すのです。これにより畳を設置している室内の湿度は、適度な状態で保たれます。湿気によってカビが生えることも防がれます。 しかし植物性ということは、枯葉のように乾燥したり色あせたり崩れたりすることもあるということです。そうなると、呼吸はおこなわれなくなります。 そのため畳は、定期的に張替えをする必要があります。張替えにより表面が新しいイグサやパルプになれば、畳は再び呼吸をするようになります。室内の快適さを保つためには、張替えは非常に有効な手段なのです。

畳を丸ごと新しい物に交換するのも、もちろんひとつの手です。しかし畳の内部の板は、状態が悪くなっていなければ、基本的に交換する必要はありません。何度かは再利用することができるのです。したがって、使用し始めて10年以上経過しているような古い畳でなければ、表面の部分のみを交換する張替えで十分です。 もちろんその方が、丸ごと交換するよりも費用も安く済みます。張替えにかかる費用は、業者にもよりますが、一帖で3〜5千円ほどです。縁も一緒に交換する場合には、千〜2千円ほど加算されます。 畳の張替えは、両面においておこなわれます。イグサやパルプは2〜3年ほどで劣化してくるので、その後は裏返して使うことになります。つまり一度張替えをすれば、両面あわせて5年ほどは使い続けることができるということです。

オススメリンク


リフォームや改築を学ぶ~知識を学んで理想のマイホームを作ろう~